大分県中津市・宇佐市の農地転用許可、許認可申請のことなら

農地法第3条許可

農地法第3条許可とは

 

個人又は農業生産法人が農業をする目的で農地の売買・貸借などをし

家 農地 自然 画像

 

権利(所有権、永小作権、質権、賃借権等)を取得する場合

 

農業委員会の許可(農地法第3条許可)が必要となります。

 

 

 

 

 

誰でも農地を取得できません

 

農地を買い請ける又は借り受けるためには一定の要件を満たす必要があります。

 

代表的な基準は、許可後に経営する農地面積が一定規模以上にならないと許可されないと

 

いうものです。下限面積は50a(地域により異なる場合がある)となっています。

 

経営面積があまりに小さいと生産性が低く、効率的かつ安定的に農業経営が継続して行われない

 

ことが想定されるためです。

 

 

事例で紹介

 

中津一郎さんは、現在、田や畑を60a所有し、農業を営んでいます。

 

家 農地 自然 画像

 

今回、宇佐 二郎さんが所有している田を購入してくれないかとの

 

話がありました。

 

家 農地 自然 画像

 

 

中津一郎さんは、下限面積の50a以上の60aの農地を既に所有し耕作しているため

 

経営する農地面積の要件を満たしています。

 

家 農地 自然 画像

 

 

事例で紹介 2 

 

中津一郎さんは、現在、田や畑を40a所有し、農業を営んでいます。

 

家 農地 自然 画像

 

今回、宇佐 二郎さんが所有している田(15a)を購入してくれないかとの

 

話がありました。

 

家 農地 自然 画像

 

 

現状、中津一郎さんは、下限面積の50a以上農地を所有し耕作していませんが

 

宇佐二郎さんから田(15a)を取得することにより50a以上経営することになるため

 

経営する農地面積の要件を満たしています。

 

家 農地 自然 画像

 

この場合、営農計画書を作成、提出する必要があります。

 

 

 

当事務所は農地法第3条許可申請をお考えの方を全力サポート致します!!初回相談無料!

農地法第3条許可申請に関することならお気軽にご相談ください!

 

 

農地法第3条許可記事一覧

農地法第3条の下限面積引き下げ(宇佐市)

空き家と一緒に農地を売りたい、貸したい方に農地法第3条による許可を受けるためには農地の権利取得する方が下記の要件をすべて満たす必要があります。@耕作する農地の合計面積が下限面積以上であることA所有している農地または借りている農地のすべてを効率的に耕作することB申請者または申請者の世帯員等が農作業に常...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 農地転用について 報酬額表 事務所概要 ブログ お問い合わせ